chap_up

チャップアップは20代にピッタリ!壮年性より若ハゲに効く理由とは?


最近、20代の若い人でも抜け毛や薄毛に悩んでいる人が増加しています。

薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、それは30代に入ってからのこと。

20代の若ハゲは、また違った原因があるんです。

そんな20代の若ハゲには、チャップアップが最適!ということをご存知でしょうか?

チャップアップは、ネットで人気の評判の高い育毛剤です。

なぜ、チャップアップが20代の若ハゲに有効なのか?今回はその点に焦点を当てて解説していきます。

AGAとは?20代での発症率はたった6%!

日本の男性は、3人に1人がAGAを発症すると言われ、「自分の若ハゲはAGAなのではないか?」と、不安に思う20代の人もいると思います。

ここで少し、AGAについて確認しておきましょう。

AGAが発症する原因とは何か?

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換されることで発症します。

5αリダクターゼは、皮脂腺や毛乳頭に存在し、特に「2型5αリダクターゼ」が前頭部と頭頂部に多く存在しており、DHTを多く作り出すと言われています。

DHTは脱毛因子の「TGF-β」を生成し、この脱毛因子が毛根を萎縮させるため、髪の毛が成長しなくなり、さらにヘアサイクルを乱すため脱毛が増えていきます。

AGAと言えば、生え際のМ字ハゲと頭頂部のつむじハゲが有名ですが、それはこのような理由からなのです。

AGAの発症率は年齢とともに上がる

AGAは年齢が高くなると発症率が上がります。

年齢 発症率
20~29歳 6%
30~39歳 12%
40~49歳 32%
50~29歳 44%
60~69歳 51%
70~79歳 61%

これを見ると、20代の発症率はわずか6%です。

しかし、20代以降での発症率を平均すると、約30%の割合で発症する計算になるため、俗に「3人に1人が発症」と言われているのです。

男性ホルモンのテストステロンは、筋肉や骨量を増やしたり精力増進など、男性らしさを作り出すホルモンですが、20代をピークに分泌量が減少してきます。

テストステロンが減少すると、体はそれを補うためより強いホルモンを作ろうと働きます。

それが、5αリダクターゼによるDHTの生成です 。

そのため、テストステロンの減少が始まる30代から、AGAの発症率が高くなっていくのです。

20代の若ハゲの原因は食生活や生活習慣の乱れ

それでは、20代の人が若ハゲになる原因は何でしょうか?

それは、現代生活ならではの食生活や生活習慣が原因と言えます。

20代の若ハゲの原因:①食事の欧米化や偏食

まずは、食生活の変化、偏食による栄養不足が挙げられます。

ここ最近、食生活の欧米化が加速し、昔に比べ脂肪分の摂取が多くなっています。

ご存知のように過度な脂肪分は、血管を詰まらせ血流を阻害しますが、それは体の血管だけでなく、頭皮でも起きています。

頭皮は太い血管はなく、毛細血管が張り巡らされているため、普通の血管より詰まりやすい特徴があります。

そのため、血流が滞りやすく、頭皮や髪の毛に栄養が行き届かなくなり、髪の毛の成長が止まったり、抜け毛が増えたりします。

また、20代は外食やお酒を飲む機会が多く、食生活が乱れやすく栄養バランスも悪くなりがちです。

髪の毛を作るタンパク質やビタミン、ミネラルが不足することで、髪の毛自体が育たなくなってしまうのです。

20代の若ハゲの原因:②ストレスや睡眠不足

次に、過度なストレスや睡眠不足も、髪の毛に大きなダメージを与えます。

ストレスを受けると血管は収縮し、血流が低下するため、頭皮にも栄養が送れません。

また、髪の毛の成長や頭皮の修復は、成長ホルモンが分泌される睡眠中に行われます。

睡眠不足の場合、髪の毛の成長はもちろん、日中に受けたダメージの修復もできないため、頭皮環境が悪化し抜け毛が起きやすくなります。

20代の若ハゲの原因:④運動不足

運動不足も若ハゲの原因の1つです。

運動をしないと、血液循環が悪くなり代謝も下がります。

そのため、頭皮では栄養不足が起こり、髪の毛の成長が妨げられ抜け毛も増えてしまいます。

チャップアップは20代の若ハゲにとても有効

20代の若ハゲは、AGAではなく、食生活や生活習慣の乱れなどが原因のことが圧倒的に多い特徴があります。

そんな20代の若ハゲに、効果を発揮するのがチャップアップなのです。

チャップアップはご存知の人も多いと思いますが、育毛剤売り上げNo.1、3年連続モンドセレクション最高金賞受賞、口コミ評価第1位、育毛剤市場人気No.1という、輝かしい受賞歴や高い評価を受けている育毛剤です。

そんな人気のチャップアップですが、20代の若ハゲにどのように効果を発揮するでしょうか?

ここでチャップアップの成分や働きを検証しながら、ご説明していきます。

チャップアップの配合成分と期待できる効果とは?

チャップアップに配合されている成分は、天然由来成分が中心で、その数はなんと73種類!

業界トップクラスの成分数です。

育毛剤を比較するとき、成分数に着目しますが、それは成分数が多いと、さまざまな薄毛や抜け毛の原因に対応できるからなんです。

薄毛や抜け毛、若ハゲの原因は、1つではありません。

頭皮の肌トラブル、毛穴の詰まり、血行不良、栄養不足などなど、薄毛の原因も多種多様です。

成分数が多ければ、その分多くの原因にアプローチできるため、より良い効果が期待できます。

チャップアップの豊富な成分の働きとしては、頭皮環境の改善、頭皮の血行促進、頭皮や髪の毛への栄養供給と成長促進、AGAの進行予防、などがあります。

そしてこれらの働きで、抜け毛、薄毛、若ハゲを改善に導いてくれるのです。

チャップアップの頭皮環境の改善を促す成分

20代の若ハゲを改善するには、まず頭皮環境を整えることが先決です。

20代の人は、皮脂の分泌が多い年齢の上、食生活や生活習慣も乱れがちです。

ファストフードや脂肪分の多い食事はもちろん、睡眠不足やストレス過多でも皮脂分泌は促進されます。

そのため、毛穴が詰まったり、頭皮トラブルが起きやすく、抜け毛が増え若ハゲにつながります。

また、紫外線刺激やシャンプーのし過ぎによる頭皮の乾燥も、頭皮トラブルによる抜け毛や髪の毛を脆弱化する原因です。

皮脂が過剰分泌しやすく、同時に乾燥もしやすい20代の頭皮環境を整えてくれるのが、チャップアップの次の成分です。

頭皮環境を整える成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • アルニカエキス
  • オドリコソウエキス
  • オランダカラシエキス
  • ゴボウエキス
  • サクラ葉抽出液
  • セイヨウキズタエキス
  • ニンニクエキス
  • マツエキス
  • ローズマリーエキス
  • ローマカミツレエキス

グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミンは、厚生労働省から医薬部外品の成分として抗炎症作用、抗アレルギー作用が承認された有効成分です。

この2つの有効成分と多くの天然由来成分が、20代の皮脂の過剰分泌を調整し頭皮の炎症やかゆみを抑え、さらに保湿も促しながら頭皮を健康に整えてくれます。

チャップアップの頭皮の血行改善を促す成分

前述のように20代の人は、食生活の乱れや偏食、ストレスなどで頭皮の毛細血管が細くなり、血行不良になりやすい特徴があり、若ハゲに悩んでいる人ならば、その傾向が強いと考えられます。

頭皮は太い血管がなく毛細血管で覆われているため、血行不良の影響を受けやすく、そのため頭皮や髪の毛に十分な栄養を送れなくなります。

髪の毛は毛母細胞で作られますが、そこに栄養が運ばれないと髪の毛の成長が止まってしまい、細く弱い髪の毛になってしまうのです。

また、頭皮全体も栄養不足で、髪の毛を育てる土壌も貧弱なため、さらに抜け毛が増えて若ハゲになっていきます。

そんな弱った頭皮に、チャップアップは次のような天然由来成分により頭皮の血行改善を図っていきます。

血行を促進する成分

  • センブリエキス
  • M-034(海藻エキス)
  • ジオウエキス
  • シナノキエキス
  • ショウキョウエキス
  • センキュウエキス
  • トウキエキス-1
  • ニンジンエキス
  • ヒキオコシエキス-1
  • ボタンエキス
  • D-パントテニルアルコール

センブリエキスは、血行を促す有効成分として厚生労働省から承認を受けた成分です。

頭皮の血行が改善されれば、毛母細胞を始め頭皮全体にたっぷり栄養が行きわたるため、健康で丈夫な髪の毛が蘇ってきます。

チャップアップの髪の毛の成長を促す成分

さらにチャップアップには、髪の毛に栄養を供給し、成長を促す成分も含まれています 。

その成分が「M-034(海藻エキス)」です。

M-034は、北海道産の「ミツイシコンブ」から抽出されたエキスで、豊富なミネラルが含まれています。

海藻が髪の毛に良いのは昔から言われていますが、チャップアップはそれをエキスにして配合したことで、より効率よく効果を発揮できるようにしています。

そしてM-034は、AGAの治療薬としても使われる「ミノキシジル」と相似した作用があると言われています。

ミノキシジルの育毛効果は、医薬品成分として承認されているほど信頼のおけるものですが、デメリットは副作用があるということ。

その点、M-034は海藻から作られた成分のため、副作用の心配は不要、安心して使えるのがうれしいですね。

チャップアップにはAGAの進行を抑える成分も!

20代の若ハゲの原因で、AGAによるものはわずか6%ですが、安心はできません。

「抜け毛が増えた」「髪の毛のボリュームがなくなった」、この程度では、AGAなのかどうかの判断は難しいですが、将来的な薄毛を予防するには、AGA対策を早くからしておいた方が賢明です。

しかし、20代の若ハゲは、AGAクリニックで治療するほどでない場合がほとんど。

そんなときのAGA対策に、チャップアップはピッタリなんです。

前述のようにAGAは、5αリダクターゼによりテストステロンがDHTに変換されることが原因です。

チャップアップには、この5αリダクターゼの働きをブロックする成分が配合されており、しかも天然由来成分なので、副作用の心配なくAGA対策ができるのです。

5αリダクターゼをブロックする成分

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス
  • チョウジエキス

これらの天然由来成分が、穏やかに作用しながらAGAによる若ハゲの進行を抑えてくれます。

チャップアップは副作用の心配なく20代でも使える

抜け毛が気になる、若ハゲかも?!と思っても、20代の人は育毛剤使用にあたり、不安が先行してしまうのではないでしょうか?

育毛剤をネットなどで検索すると、必ず目にする「副作用」と言う言葉。

副作用には、男性機能の低下などがあるため、20代の人なら尚更戸惑ってしまうと思います。

医薬品成分配合の育毛剤には副作用がある

育毛関係でよく耳にする副作用には、次のようなものがあります。

  • 男性機能の低下(ED、精子減少、性欲減退など)
  • 皮膚トラブル
  • 頭痛
  • 消化器症状
  • 肝機能障害

このような副作用は、医薬品成分で見られるものです。

チャップアップは、医薬部外品に指定された育毛剤で、そのほとんどが天然由来成分で構成されています。

そのため、作用は穏やかではありますが、上記のような副作用の心配はなく、20代の人でも安心して使うことができます。

チャップアップは品質検査で安全性もクリア

副作用はなくても、品質的にはどうなんだろう?という心配もありますよね。

育毛剤は頭皮に直接塗布するものなので、肌の弱い人やアレルギー体質人は特に気になると思います。

そこでチャップアップは、第三者機関で次の3つの品質検査をしっかり行っています。

  • 24時間閉塞パッチテスト
  • 低スティンギングテスト
  • RIPT(累積刺激性及び感作試験)

これらの検査をクリアしているので、高い安全性が保障されています。

チャップアップサプリの成分ノコギリヤシも副作用なし

チャップアップは、育毛剤だけでなく育毛サプリもあります。

チャップアップの育毛サプリには、ノコギリヤシが配合されていますが、副作用の心配はないのでしょうか?

ノコギリヤシは、医薬品成分「フィナステリド」と似た作用があるため、育毛サプリには必ず配合されている成分です。

フィナステリドは、内服薬「プロペシア」として販売されており、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑える作用に優れています。

しかし、フィナステリドには男性機能の低下など、前述のような副作用があるため、類似作用をするノコギリヤシも心配になると思います。

しかし、ノコギリヤシに関しては米国の臨床試験で「ノコギリヤシを過剰摂取しても有害性はなかった」との報告があります。

そのため、ノコギリヤシの副作用は心配しなくても良いでしょう。

しかし、まれに頭痛、下痢など消化器症状が現れる人もいるので、適正量で摂取するようにしてください。

まとめ~チャップアップは20代の若ハゲにおすすめ~

このようにチャップアップは、若ハゲで悩んでいる20代の人でも安心して使える育毛剤です。

<ここでのポイント>
  • 20代の若ハゲの原因は、食生活や生活習慣の乱れによるものが多い
  • 医薬品成分は、育毛効果は高いが副作用が伴う
  • チャップアップはほとんどが天然由来成分なので副作用なく使える
  • チャップアップの育毛サプリも副作用の心配なし

20代で若ハゲが気になってきた人は、まず食生活や生活習慣を見直してみてください。

そして、チャップアップを使えばより高い効果が期待でき、若ハゲの改善につながるでしょう。