chap_up

育毛剤チャップアップとスカルプDシャンプーならどっちから始めたらいい?

育毛ケアを始めるにあたって、今の頭皮に育毛剤を使用するべきか、シャンプーから見直すべきか、素人ではなかなか判断できないですよね。

選び方のヒントに、育毛剤やシャンプーの効果を比較する人も多いことと思います。

そこで代表して育毛剤にチャップアップ、シャンプーにスカルプDをピックアップして検証してみましょう。

チャップアップorスカルプD?育毛シャンプーの役割に迫る

チャップアップ育毛剤でケアするか、スカルプDでシャンプーから見直すか、どちらが育毛には効果的なのでしょうか。

まずは育毛シャンプーに焦点をあてて詳しく分析してみましょう。

育毛シャンプーの役割確認!スカルプDに育毛効果?

育毛ケアのために見直す人も多い、育毛シャンプー。

まず初めに念を押して伝えておきたいのが、育毛シャンプーでは毛が生えないという事実。勘違いしている人も多いので最初に伝えておきますね。

ではどのような効果が期待できるのかというと、育毛するための頭皮環境を整える効果が期待できます。

一般的に使用されているシャンプーとは配合成分が異なるので、育毛ケアにはぜひ併用してもらいたいと思います。

スカルプDに期待できる効果

スカルプDが掲げているコンセプトは、「健康な髪が育つ頭皮環境を整える」こと。

公式サイトには、“発毛促進・育毛促進効果のある育毛ケア商品の併用を推奨する”といった内容が記載されています。

要は、スカルプDには発毛・育毛に効果的な成分や脱毛を予防する成分は一切配合されていないということ。

スカルプDは育毛ケア商品というよりは、育毛ケアを始めるための準備用商品と言えそうですね。

要チェック!スカルプDはココが魅力的

スカルプDに配合されている、頭皮の環境を整える成分をチェックしてみましょう。

配合成分のうち有効成分は3つ、ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸です。

ピロクトンオラミン:頭皮のフケやかゆみを防ぐ

グリチルリチン酸ジカリウム:頭皮が荒れるのを防ぐ

サリチル酸:頭皮の角質を溶解してくれる

各成分についてもう少し詳しく掘り下げていきますね。

スカルプDのピロクトンオラミン

ピロクトンオラミンの注目すべき効果は殺菌作用です。

頭皮にかゆみや炎症が起こるのは、常在菌が繁殖してしまっているという原因が考えられます。

繁殖を防げるのが、殺菌作用のある成分。常在菌の他、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア真菌にも効果が期待できます。

かゆみや炎症を抑えられる一方で懸念されているのが、良い働きをする菌までも殺してしまうこと。

頭皮のバリア機能が弱くなるため、敏感肌・アレルギー体質の方は避けた方が良いと言われています。

スカルプDのグリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kの役割は、抗炎症作用・抗アレルギー作用です。

副作用を発症する確率が非常に少ない成分と言われており、育毛シャンプーだけでなく育毛剤や肌に塗る商品にも採用されている成分なんですよ。

健康な髪の毛が成長しやすい、健康な頭皮に導く効果が期待できます。

スカルプDのサリチル酸

サリチル酸は解熱消炎作用で名の知られている成分ですが、シャンプーには皮脂溶解成分として配合されています。

頭皮に溜まった古い角質を溶かす効果を加えることで、頭皮を清潔にできるというわけです。

注意したい点は、敏感肌の人にとっては刺激の強い成分であること。使用してみて刺激を感じるなと思った時は、使用を中止しましょう。

衝撃!スカルプDでは役不足?

スカルプDには、脱毛予防や発毛・育毛成分は一切配合されていません。役割は、かゆみやフケをおさえて頭皮の環境を整えることでした。

特徴を探るうち、さらに判明したのが敏感肌の人は使用時に注意が必要だということ。

警戒する必要はありませんが、反応する可能性があることも頭に入れておかなくては行けなさそうです。

育毛ケアに関してまとめると、スカルプDのみでは育毛ケアにならないということ。育毛には育毛剤が必須と言えそうです。

チャップアップorスカルプD?育毛剤の役割に迫る

育毛シャンプーの役割がハッキリし、育毛剤の必要性も知ることができました。次は育毛剤・チャップアップについて詳しくみていきましょう。

要チェック!チャップアップはココが魅力的

チャップアップには、薄毛対策に効果的な成分が豊富に含まれています。

配合成分を豊富なラインナップにすることによって、薄毛を引き起こす様々な要因、抜け毛を引き起こす要因へアプローチが可能。育毛効果が期待できる成分も配合されています。

抜け毛を防ぐ 8種類
育毛効果(血流改善)が期待できる 20種類
髪の毛を作るための成分(アミノ酸) 15種類
頭皮の環境を整える 17種類
頭皮環境に役立つスーパーフルーツ成分 11種類
皮脂の過剰分泌を抑制する成分 3種類
頭皮硬化を改善する成分 3種類
毛母細胞の活性化・新陳代謝を促進 3種類

このように、配合されている豊富な成分のおかげで期待できる効果も様々。中でも、注目して欲しい効果・成分を紹介していきますね。

チャップアップのDHT抑制力に注目!

男性によくみられるAGA(=男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛の症状は、DHTという物質が原因といわれています。

薄毛対策で重要となるのが、このDHTの働きをどれだけ抑制できるかということです。

チャップアップには8種類の成分が配合されていますが、中でも注目成分は3つ。

チャップアップの注目成分
  • オウゴンエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス

この3つの成分には、DHT生成に関わる5αリダクターゼの働きを阻害できる効果が期待できます。

DHTの生成自体をブロックすることができるのです。

チャップアップの血流促進力に注目!

髪の毛が生えにくくなっている頭皮で起こっている症状の1つが、血流の減少=血行の悪化です。

髪の毛の育成に必要な栄養は血液によって運ばれてくるため、血流を増やすことが育毛対策の重要なポイントともなります。

チャップアップには血行促進効果が期待できる成分を20種類配合していますが、注目成分はセンブリエキス。

センブリエキスは、血行促進効果に加え、毛乳頭細胞の働きを促進する効果、抗炎症・抗酸化作用も期待できる優秀な成分です。

この他の成分も含め、血行を促進することで髪の毛へたっぷりの栄養を補給することができるのです。

チャップアップの育毛力に注目!

チャップアップに期待できる育毛力で注目して欲しい成分が、M-034です。M-034は、昆布から抽出された成分で、別名は北海道ミツイシコンブ抽出エキス。

血行促進効果も期待できるのですが、毛根上部の細胞活性化効果が注目されています。

細胞活性化効果によって期待できるのが、髪の毛の成長期の延長・髪の毛の後退期の遅延。そして、今生えている髪の毛を太く健康な状態にする効果です。

このM-034の育毛力は、医薬品のミノキシジルと同等の効果が期待できると臨床実験で証明されているほど

その上、ミノキシジルで懸念される副作用リスクがほとんどないという優秀な成分となっています。

チャップアップの頭皮環境改善力に注目!

髪の毛が生えにくくなっている頭皮では、糖化と呼ばれる現象も起こっています。

糖化とは、頭皮にあるタンパク質や糖が結びつきAGEsという成分を生成し、頭皮を硬化させる現象です。

年齢を重ねると頭皮で起きやすくなるほか、紫外線などのダメージでも引き起こされます。

この状況を防ぐ・改善するための注目チャップアップ成分は3つ。

糖化を改善する成分

ウメ果実エキス
チンピエキス
マロニエエキス

中でも、ウメ果実エキスにはタンパク質と糖が結びつくのを阻害する働きが期待できます。

AGEs生成抑制効果+頭皮を柔らかくする効果で、髪の毛の生えやすい頭皮環境へと導く効果が期待できます。

チャップアップのその他対応力に注目!

紹介した注目効果・成分以外にも、育毛のために配合された成分はたっぷり。以下のような効果にも注目です。

皮脂の過剰分泌を抑制する効果
毛穴が詰まり炎症が起きやすい、育毛剤が浸透しない頭皮環境の改善が期待できます。

 

たっぷりの栄養成分を補給
15種類のアミノ酸を配合することで、髪の毛を作る細胞の活性化+髪の毛を作る・質をあげる効果が期待できます。

 

髪の毛を強く太くする成分を追加
リニューアルによって追加されたのが、スーパーフルーツ成分11種類。頭皮環境改善効果が期待でき、強く太い髪の毛の育成を目指せます。

育毛剤か育毛シャンプーか、どっちを選ぶ?

スカルプD=育毛シャンプーの役割:頭皮環境の正常化が期待できる

チャップアップ=育毛剤の役割:抜け毛予防や育毛効果が期待できる

各々の特徴を見た結果、役割がハッキリしましたね。

育毛剤と育毛シャンプーは比較対象にならない!?

役割がハッキリしたことで、チャップアップとスカルプDをどう選ぶべきかが見えてきました。

スカルプDでできる育毛ケアは、頭皮の環境を整えて、髪の毛が成長できる土台をつくることまで。

その先の、抜け毛を防ぐ、髪の毛の成長力を高めるといった育毛ケアはチャップアップが担うことになります。

つまり、育毛シャンプーと育毛剤は比較対象にならないということ。

薄毛対策にケア用品を選ぶ際は、思い込みで選び間違えないようにしたいですね。

1つではない!2つ選ぶという選択肢!

育毛剤と育毛シャンプーのどちらにするか悩むのではなく、併用という選択肢がベストです。検証してきた通り、育毛剤と育毛シャンプーの役割は別々です。

ちなみに育毛剤には頭皮環境を整える成分が配合されているものも多く存在します。

それなら育毛剤だけで十分でしょ?と思う方もいるかもしれませんが、頭皮環境の改善のプロは育毛シャンプーです。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えてから、豊富な成分を含む育毛剤を使用した方がより高い効果が得られるでしょう。

チャップアップに最適な育毛シャンプーがある?

育毛剤と育毛シャンプーの併用をおすすめしましたが、なんでも組み合わせていいというわけではありません。

例えば、チャップアップ育毛剤でケアをするなら同じメーカーから販売されているチャップアップシャンプーの併用がおすすめです。

同じメーカーが育毛剤やシャンプーなどシリーズ展開しているのは、足りない成分や役割を補い合っているためです。また、相乗効果を狙っていることもあるようです。

チャップアップから出ているチャップアップシャンプーは、刺激が少なく肌が弱い人でも安心して使用できると高い評価を得ているんですよ。

ぜひ組み合わせて使ってみてください。

チャップアップとスカルプD!特徴と選び方の総まとめ

  • “育毛剤を使用する前”に頭皮を清潔にする、環境を整える→スカルプD
  • “育毛シャンプーで環境を整えた後”に脱毛・育毛ケアをする→チャップアップ

何を求めるかによって選び方は異なりますが、薄毛の対策を本格的に進めるのであれば、「育毛シャンプー+育毛剤」の選び方がベストでしょう。

もしどちらか1つに絞る選択肢しかない場合は、育毛剤を優先した選び方をおすすめします。

薄毛対策には長期的なケアが必要です。選び間違えて、歳月・コスト共に無駄にならないよう気を付けたいですね。

\\受賞した各賞が発表されているのでcheck//